• 蒸着処理について

    薄膜原料を真空中で加熱・蒸発させ、基材表面で凝縮・固化させることにより、薄膜を形成する技術です。
    カツラヤマテクノロジーでは、フッ素系高分子を原料とし、プロセス全体の最高温度が50℃と低温で処理できることから基材への熱影響を抑えた表面処理を行うことが可能となります。

    採用実績と効果

    インクジェットヘッド

    インクジェットプリンターのヘッド部分にNANOS処理を施すことでインクジェットヘッド表面に撥インク製を付与させ、印刷性向上・メンテナンスの低減を行うことが出来ます。

    光学部品用金型

    NANOS処理を光学部品用金型へ処理を行うことで離型性向上させることが出来ます。
    NANOS処理は無色透明の非常薄い膜(5~20nm)となっており金型の鏡面性を損なうことなく金型の寸法影響度合いも非常に小さくなります。

    スタンパ金型

    NANOS処理をスタンパ金型へ処理を行うことで離型性向上させることが出来ます。
    離型性が向上することで1サイクル当たりのタクトタイムを短くすることが出来る為、生産性の向上に寄与致します。

    ナノインプリント金型

    NANOS処理をナノインプリント金型へ処理を行うことで離型性向上させることが出来ます。
    成膜はアスペクト比5まで対応しており、微細なパターンにも離型効果を持たせることが可能です。

    撥水・撥油・防汚性

    撥水・
    撥油性
    オリーブオイルの油滴による比較 油性マジックペンによる比較 ※写真の素材はPMMA
    処理あり 処理なし 処理あり 処理なし




    コーティング
    なし
    NANOS
    処理
    2往復 4往復 6往復 8往復

    基板:ソーダライムガラス 拭き取り材:ティッシュペーパー「エリエール」

ページのトップへ